【冬の北海道】雪道での運転 出発後のこころがけ

冬の凍結路面の写真 天気・道路状況

いつもホンダレンタリース北海道をご利用いただきありがとうございます。

前回【冬の北海道】雪道での運転 出発前の準備編で雪道を運転する際の運転前の準備についてお伝えいたしましたが、今回は出発した後の運転のコツをお伝えいたします。

凍った道を歩いたことがある方ならご存知だと思いますが、とにかく滑ります。ちょっと油断するとひっくり返ってしまうくらいすべります。ですから雪道で注意しなければいけないのはスリップによるトラブルです。特に多くの人がブレーキを踏む【交差点】【下り坂】【カーブ】は特に注意が必要です。

雪道でスリップする車のイラスト

そんなスリップのトラブルを避けるために心がけなければいけないのが急」のつく動作をさけることです。

「急発進」「急加速」「急ハンドル」「急ブレーキ」はスリップ事故のもとです。一度スリップしてしまうとぶつかるまで止まれなくなる可能性があるので大変危険です。「急」のつく運転は絶対にやめましょう!

前述の「スリップ」や「急のつく運転を避ける」ためのコツは

  1. 車間距離をいつもより多くとる。
  2. カーブに入る前に減速をする。カーブ途中でのブレーキはしない。
  3. 橋やトンネル出入り口は凍結して滑りやすいので特に注意する。
  4. 交差点はつるつる路面の状態となっています。止まる、曲がるも要注意。
  5. わだちができている場合はわだちを走りましょう。わだちいがいを走るとハンドルをとられる恐れがあります。

ーーーーそして何よりも、時間と気持ちに余裕を持つことが一番大事です!あせってしまうと急な行動をしてしまいがちなので、スケジュールには余裕を持って観光してくださいーーーーーー

冬道運転のコツ【その他】

■駐車時にはパーキングブレーキは使わない(凍結してしまい解除できなくなってしまうことがあります)

■窓ガラスが曇ってしまった場合はA/C(エアコン)スイッチをON!さらに必要に応じて窓を開けて外の空気を入れてみてください。

【冬の北海道】雪道での運転 出発前の準備編はコチラ


ホンダレンタリース北海道のレンタカーは全車4WD、スタッドレスタイヤ標準装備です。さらにVSA(車両挙動安定化制御システム)も搭載しているので、冬道の運転をサポートしてくれます。北海道観光でレンタカーご利用の際はホンダレンタリース北海道をよろしくお願いいたします。


ホンダレンタリース北海道キャンペーン一覧はコチラ★