北海道|新千歳空港・札幌駅のレンタカー予約はこちら

北海道の雪道の運転で気を付けたいポイント|レンタカーならホンダ

北海道の冬道で気を付けたいことレンタカー情報
この記事は約6分で読めます。

一年中観光で人気の北海道。冬ならではの楽しみ方といえば、スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツ。さらには雪まつりや氷瀑(ひょうばく:層雲峡)、氷濤(ひょうとう:支笏湖)まつりなど、雪や氷にかかわるお祭りも見どころの一つです。

ただ「北海道は広いから、移動にはやっぱりレンタカーが必要」「でも雪道の運転は慣れていないから不安」と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

この記事では「冬の北海道を楽しみたいけど雪道の運転が不安」という方のお悩みの解消をお手伝いいたします。

北海道の雪道を運転する時の不安とは?|雪道の事故の原因

北海道の雪道を運転する時の不安とは?|雪道の事故の原因

それでは北海道の冬道の運転に慣れていない方が不安に感じること、また、事故につながる可能性のある代表的な原因をご紹介いたします。

凍結路面でのスリップ

凍結路面でのスリップ

冬の北海道の運転で一番不安なのは、凍結路面でのスリップではないでしょうか?

冬場は凍結路面でのスリップによる事故が増加します。また、普段凍結した路面を走り慣れていないドライバーの事故も増加する傾向にあります。

なかでもスリップ事故の一番の原因になるのがブラックアイスバーンです。ブラックアイスバーンとは、一見するとアスファルトが濡れているだけのように見える道路に、実は薄い氷が張っている状態のことです。

積雪が少ない時期は特に、道路が凍っているとは思わずスピードを出してしまい、スリップによって事故を起こしてしまうケースが多くなります。

日没の早さ

日没の早さ

凍結路面でのスリップの他に、冬に事故が多くなる原因に挙げられるのが日没の早さです。

北海道の地方の道路は、街灯も少なく、辺りに民家などもない地域も多いので思った以上に真っ暗になります。そのような中をヘッドライトだけを頼りに運転するのは至難の業です。

凍結・積雪路面で、さらに暗い夜道となると運転には相当の技術も必要になってきます。

ホワイトアウト

ホワイトアウト

冬道の運転に慣れている北海道民でも、一番怖いのがホワイトアウトです。

ホワイトアウトとは、雪で視界が白く覆われてしまう現象のことで、吹雪はもちろん、積もっていた雪が暴風によって巻き上げられることによっても起こります。ホワイトアウトに遭遇してしまうと視界はゼロに、さらには方向感覚も奪われてしまいます。

ホワイトアウトが発生すると、多重衝突事故など、被害が大きくなるケースが多いので特に注意が必要です。

北海道の雪道を運転する時のポイントと対策

これまで説明してきたように、北海道の雪道での事故にはいくつかの原因がありますが、そのリスクを少しでも小さくするためのポイントと対策方法をご紹介いたします。

事前に目的地や経路の天候を調べておく

まずは、これから向かう先の天候を調べておきましょう。北海道は広いので、地域によって天候が大きく異なる場合があります。ですから出発地は天気が良くても、目的地に向かうにつれて天候が悪化していくケースもあります。目的地はもちろん、目的地までの経路の天候を事前に確認しておきましょう。

その際、吹雪の視界情報を調べられるサイトもありますので参考にするといいでしょう。

北の道ナビ 吹雪の視界情報

冬場は暗くなるのが早いので目的地には早めに到着するスケジュールを立てる

冬の北海道は日の入りの時間が早いので、あっという間に暗くなってしまいます。12月から1月にかけては特に早く、平均すると16時頃には日が沈むので、15時を過ぎると辺りが暗くなってきます。慣れない道路を運転する場合は、なるべく明るいうちに移動できるよう時間に余裕を持ったスケジュールを立てるようにしてください。道路状況が悪いと、ナビゲーションの到着予想時刻を大幅に過ぎることもあるので注意が必要です。

出発前の準備を怠らない

冬場は出発前の準備も必要です。どのような点に気を付ければ良いかは、過去の記事でまとめていますのでそちらをご覧ください。

急の付く運転をしない

冬道を運転するコツは「急発進」「急加速」「急ハンドル」「急ブレーキ」といった、急の付く動作を避けることです。こちらも過去の記事でまとめています。

4WD車かつ安心できるスタッドレスタイヤを装着したレンタカーを選ぶ

北海道の冬道では「4WDとスタッドレスタイヤ」が必須です。また、スタッドレスタイヤもメーカーや使用年数によって氷上性能に差が出てきます。ホンダレンタリース北海道では、冬期間は追加料金なしで全車4WDの車両を貸し出しています。また、スタッドレスタイヤも使用年数の少ない国産有名メーカーのスタッドレスタイヤを装着していますので、安心してご利用いただけます。※4WDの車両、氷上性能の高いスタッドレスでも、凍結路面で全く滑らないということはありませんのでお気を付けください。

情報通信型のナビが頼りになる

ホンダでは「インターナビ」という、普通のナビでは把握できない渋滞情報や、災害情報などを提供する通信型のナビをラインナップしています。提供する災害情報の中には「ホワイトアウト予測情報」もあり、日本気象協会の吹雪視程予測情報をもとに、吹雪による視界不良情報をお知らせしてくれます。

インターナビで目的地をセットした際に、その目的地までの経路でホワイトアウトの可能性がある場合は事前に知らせてくれるので、危険な経路を避けることも可能になります。

ホンダレンタリース北海道のレンタカーには、すべての車両にホンダ純正のインターナビを装着させています。ホワイトアウト情報などの災害情報をタイムリーに取得することができるので、ご利用中の不安を軽減することができます。

もしホワイトアウトに遭遇してしまったら

移動中に天候が悪化してきた場合は、無理に移動をしないようにしましょう。道の駅やコンビニエンスストアなど、駐車できる施設で天候が回復するのを待つことで、ホワイトアウトに遭遇するのを回避するようにしてください。

回避することができず、ホワイトアウトに遭遇してしまった場合は

・ハザードランプを点灯して停車
・もし身動きが取れなくなった場合は、直ちに道路緊急ダイヤル(#9910)や、JAFに救援(#8139)を求める。状況によっては警察へ通報。
・いつでも脱出できるよう、救援を待つ間は風下側のドアが開くかどうか定期的に確認
・一酸化炭素中毒にならないように、マフラーの排気口など、排気ガスの逃げ道を除雪する

参考:JAF 豪雪で身動きが取れなくなった時の対応方法より

といった対策をとるようにしてください。

※ホンダレンタリース北海道ではJAFロードサービスのオプションをご用意しております。

まとめ

北海道の冬道を運転するときは、事前の心構えと準備が大切です。また、時間に追われて心にゆとりがなくなってしまうと「急」のつく動作が増えてしまいます。ぜひ時間に余裕を持ったスケジュールを立てて、楽しい北海道旅行にしてください♪

4WD&スタッドレス・インターナビ標準装備のレンタカーはこちら

タイトルとURLをコピーしました