北海道|新千歳空港・札幌駅のレンタカー予約はこちら

【北海道初】ドライブの気分が”アガる”新型ヴェゼルのレンタカー!

新型ヴェゼルと時計台の写真レンタカー情報
この記事は約7分で読めます。

2021年4月発売の人気SUV「新型ヴェゼル」が、いよいよレンタカーとして登場しました!

そこで今回は「かっこいいデザイン」で人目をひき「Hondaらしい走り」でドライブが楽しくなる新型ヴェゼルの魅力をご紹介いたします。

せっかくだから”気分のアガる”クルマで北海道旅行をしたい!という方におすすめです!

新型ヴェゼルの”アガる”ポイントを紹介

2021年4月の発売以来、販売も非常に好調な新型ヴェゼルですが、乗ると特に気分が”アガる”ポイントを3つご紹介いたします。

走って”アガる”|Hondaらしい走りが楽しめる「e:HEV」

走って"アガる"|Hondaらしい走りが楽しめる「e:HEV」

新型ヴェゼルの”アガる”ポイントの1つ目は、走ってアガる「e:HEV(イー エイチ イー ブイ)」です。

新型ヴェゼルに搭載されているのは「e:HEV」というEV(電気自動車)のような走りが楽しめるハイブリッドシステムです。

EVに近いハイブリッドという意味で名付けられたe:HEVは、日常のほとんどをモーターのみのEVモードで走行します。

スーッと進む走り出しや走行中の加速・減速など、EV特有のスムーズな走りが運転中の疲労を軽減してくれるので「目的地に着いたときはもうクタクタ」ということがありません。

新型ヴェゼルの走って”アガる”ポイント

どんな走行シーンでもモーターとエンジンのいいとこどりで、上質で気持ちいい走りを実現。さらに低燃費で経済性も抜群

▼異なる加速感を楽しめる3つのドライブモード

新型ヴェゼルの3つのドライブモード

NORMALモード:一般道で快適・スムーズな上質感を感じる走り
SPORTモード:ワインディングで俊敏・ダイレクトな加速を感じる走り
ECONモード:高速道路でなめらかな高速クルーズを楽しむ走り

乗って”アガる”|デザイン性・操作性にすぐれた室内空間

乗って"アガる"|乗る人みんなが居心地のいい室内空間

新型ヴェゼルの”アガる”ポイントの2つ目は、乗ってアガる「室内空間」です。

新型ヴェゼルのインテリアは思わず見惚れてしまう、シンプルで美しいデザインです。

デザイン性に加え操作性にもすぐれていて、運転中でも見やすい位置にレイアウトされたメーター、自然に手の届く位置に配置されているスイッチ類などが、視線や動作の流れを断ち切らないように工夫されています。

新型ヴェゼルの乗って”アガる”ポイント

完成度の高いHMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)※が実感できる運転席

※HMI(ヒューマン・マシン・インターフェイス)・・・人と機械の接点。新型ヴェゼルの場合はドライバーの操作と、クルマからの様々なフィードバックが行われるスイッチやディスプレー類。

またリア席も大人が座ってもゆとりがあるので、ドライブ中はどこに座ってもゆったりくつろげます。

さらに荷室は長期間の旅行などで荷物が多い場合でも、余裕を持って積める安心の収納力です。

新型ヴェゼルの荷室の写真

▲積載容量ではなく、載せたいものが載ることを第一に考えられた荷室空間。旅行に必要な大きな荷物も余裕をもって積めます。

安心で”アガる”|さらに進化した「HondaSENSING」を搭載

ホンダセンシングイメージ画像
出典:本田技研工業

新型ヴェゼルの”アガる”ポイントの3つ目は、安心でアガる「HondaSENSING」です。

新型ヴェゼルのHondaSENSING(ホンダセンシング)は旧型から大きく進化し、街中から高速道路まで「よりラクに」「より安心して」走れます。

新型ヴェゼルに搭載されているHondaSENSINGの進化のポイントは

①渋滞追従機能付アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)

前方を走っている車のスピードに合わせて自動で追従する「渋滞追従機能」が追加されたアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)が、適切な車間距離を確保してくれます。

クルマが自動的にスピードを調整し適切な車間距離を保ってくれるので、運転の疲労を大幅に軽減してくれる

②後方誤発進抑制機能

後方の障害物を検知した状態でアクセルを踏み込んだ場合の駆動力を抑制。さらに、近距離衝突軽減ブレーキで、誤発進抑制機能作動後の緊急ブレーキも可能です。

後退時の不注意による事故を防いでくれる

③衝突軽減ブレーキ

前走車・対向車・歩行者に加え、新たに横断自動車・夜間歩行者(街灯なし)・前走バイクも検知します。約5~30km/hだった作動範囲も約5~100km/hに進化した衝突軽減ブレーキ。

街中から高速道路まで、慣れない土地でも安心してドライブできる

新型ヴェゼルの安心で”アガる”ポイント

さらに進化したホンダセンシングで運転がラクラク。疲れ知らずで目的地に着いたときに思う存分観光を楽しめる!さらに安心もアップ!

【実際に乗ってみた】気分が”アガる”新型ヴェゼルでドライブ

新型ヴェゼルのテール

このように”アガる”ポイントがたくさんあるヴェゼルですが、実際に乗ってみてその楽しさを体感してみました。目的地は定山渓温泉です。

札幌から約1時間・日帰りドライブにおすすめの定山渓

定山渓は札幌市内から約1時間で行くことができる、地元の人にも人気の温泉地です。

温泉はもちろん、レストランやカフェ、スーツなどが楽しめるお店も多いので、日帰りドライブにもおすすめのスポットです。

▼今回のドライブの目的地・食材とスパイスの組み合わせが絶品!2021年4月にオープンした【エクスクラメーションベーカリー】

▼定山渓で撮影した新型ヴェゼルのスナップ写真

▼定山渓の楽しみ方・おすすめスポットを紹介する記事はこちら

実際に乗ってみて感じた新型ヴェゼルの5つのおすすめポイント

実際に乗ってみた感じた新型ヴェゼルのおすすめポイントを5つご紹介いたします。

①運転のしやすさ

Takahashi
Takahashi

いままでのホンダ車とは違い、フロントガラスの先にボンネットが見えるので、前方の距離感がつかみやすくなりました。

新型ヴェゼルのフロントガラスから見えるボンネット

②操作性

Takahashi
Takahashi

スイッチ類がシンプルで感覚的に操作できます。座っていてもスムーズに手が届くので、運転中の操作もラクラクです。

新型ヴェゼルのスイッチ類

③乗り心地

Takahashi
Takahashi

ほどよい硬さのシートが体を包み込むような感覚で、長時間座っていてもつかれることがありません。リビングルームでソファーに座っているような感覚です。

走行時の揺れも少なく、道路の段差などを通過したときの突き上げも気になりません。

新型ヴェゼルの室内空間

④収納スペース

Takahashi
Takahashi

手を伸ばせば自然と手の届く場所に収納スペースが配置されているので、スッと置いて、パッと手に取れます。

新型ヴェゼルの収納スペース

⑤心地よいエアコン

Takahashi
Takahashi

風を拡散させて吹き出させるエアコン「そよ風アウトレット」で、風が肌に直接当たらないので快適。エアコンの風が苦手な方にもおすすめです。

新型ヴェゼルのそよ風アウトレット

▲通常モードに加えて拡散モードも選べる吹出口

まとめ

いかがでしたか?

新型ヴェゼルは旅行の気分を”アゲて“くれるおすすめのレンタカーです。

「スタイル」「乗り心地」「安全性」などに優れているので、乗ったら満足すること間違いなしです。

ぜひ新型ヴェゼルに乗って気分の”アガる”旅行をしてみませんか?

▼新型ヴェゼルのレンタカー予約はこちらから(ご利用日を選んで検索)

新型ヴェゼルのレンタカー予約
タイトルとURLをコピーしました